ちょっとエッチな漫画「ハダカメラ」ネタバレ紹介しています

ハダカメラネタバレblog

ハダカメラ ハダカメラ1巻

ハダカメラ1巻1話ネタバレ!【アノコノハダカ】

投稿日:

ハダカメラ1巻1話ネタバレ!【アノコノハダカ】
ハダカメラ1巻

 

こんにちは^^

 

もし目の前に、好きな娘のハダカがあったら?

 

そしてもし、そんな願望を叶えてくれるカメラがあったら・・・?

 

本名ワコウ「ハダカメラ」

 

好きな女の子のハダカを「現像」できる、不思議なカメラ。

 

それを手にしてしまった、19歳の童貞男子のアレコレを描いた、かなりエッチな漫画です。

 

そんな「ハダカメラ」1巻1話「アノコノハダカ」

 

冒頭から、エッチなシーン満載ですよ〜!

 

私はここで読みました
>>Handyコミック<<
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

「ハダカメラ」1巻1話あらすじ

 

主人公・香神鏡介(かがみきょうすけ)は、19歳の予備校生。

 

彼は高校の頃から、光城閃(こうじょうひかり)という女の子に片思いしていました。

 

 

ひかりと同じ大学に通おうと、必死に受験勉強をしていた鏡介。

 

しかし彼だけが受験に失敗。

 

大好きなひかりと離れ離れになってしまいます。

 

そんな鏡介が、ひかりと話を合わせたくて買ったオンボロカメラ。

 

このカメラには、「好きな子のハダカを現像できる」という、不思議な力があったのです・・・。

 

私はここで読みました
>>Handyコミック<<
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

「ハダカメラ」1巻1話ネタバレ!

ハダカメラ1巻

 

19歳の童貞

 

主人公・香神鏡介。19歳。

 

彼には高校時代から片思いしている女の子がいました。

 

隣のクラスだった光城閃(こうじょうひかり)。

 

彼女と同じ大学に通いたくて、必死に勉強に励んだ鏡介でしたが、あえなく不合格。

 

大好きなひかりと、離れ離れになってしまいます。

 

だけど少しでも彼女の近くにいたい!と、大学近くの喫茶店でバイトを始めた鏡介。

 

予備校に通いながら、少しでもひかりに近づきたいと願っていました。

 

しかし、ひかりから鏡介のバイト先を聞きつけた友人・立原が、ひかりたちと一緒に喫茶店にやってきます。

 

「だからダメなんだ」

 

お店に入るやいなや、大声で鏡介をバカにし始める立原。

 

その様子を見たバイトの先輩・押切ぼたんは、鏡介のことを心配します。

 

「なんか感じ悪い!オーダー変わるよ?」

 

しかし鏡介は「大丈夫」とぼたんの申し出を断り、再びひかりたちのテーブルに戻ります。

 

そこでひかりが出していた、新しいカメラを見た鏡介。

 

「ちょっと待ってて」と、自分も買った中古のカメラを出してきます。

 

「わあ、カメラ!香神くんも買ったの!?」

 

ひかりの笑顔に、顔を輝かせる鏡介。

 

しかしそれは、近所の骨董屋で買ったオンボロカメラ。

 

それを見抜いた立原は、鏡介からカメラを奪います。

 

「なんだぁ?このオンボロ」

 

「シャッター下りねえし、こんなポンコツどこで買ったんだよ?」

 

近所で見つけた骨董屋で・・・と言いかけた鏡介を、笑いながら店の隅に連れて行く立原。

 

「光城と同じ大学目指して落ちて、未練たらしくその近所で惨めにバイトって・・・」

 

「必死すぎんだろ」

 

鏡介にカメラを投げ返し、続ける立原。

 

「ズレてるし回りくでえ、写真のおっぱい眺めてるだけのドーテーだから、ダメなんだ、おめーは」

 

 

その言葉は、鏡介の胸に深く刺さります。

 

ハダカを現像!?

 

そのまま店を出る立原たち。

 

しかし彼らと別れ、ひかりだけが鏡介のもとに駆け寄ってきます。

 

「ごめんね、香神くん・・・あんな人、連れてきちゃって」

 

嫌な思いをさせたお詫びにと、そのカメラで撮って欲しい!とせがむひかり。

 

可愛らしくポーズをとるその姿に、鏡介も笑顔でカメラを構えます。

 

しかしファインダー越しに覗いたひかりの笑顔の下に「3%」の文字。

 

(3%って、なんだ・・・?)

 

不思議に思う鏡介ですが、そのまま勢いよくシャッターを切ります。

 

カシャ

 

その瞬間、驚いたような表情を見せたひかり。

 

そのままボーッとしてしまい、言葉もなく、店を出て行ってしまいます。

 

その後。

 

休憩室で、1人撮った写真を眺める鏡介。

 

ポラロイドカメラのように、撮った写真がすぐに現像されるカメラのはずなのに、出てきたのはただの白紙。

 

「まだ何も出ない・・・」

 

首をかしげる鏡介のもとに、バイトの先輩・ぼたんが駆け込んできます。

 

さっきの立原の態度に、怒り心頭のぼたん。

 

彼女は鏡介を元気付けようと、彼が持っていた写真を奪おうとします。

 

驚く鏡介ですが、次の瞬間、

 

カメラのレンズがキラリとひかり、そこに「げんぞうかいし」の文字が!

 

そして写真から光が溢れ、次の瞬間、

 

「・・・ああああ!」

 

目の前のぼたんに、全裸のひかりが「現像」されるのです・・・!

 

私はここで読みました
>>Handyコミック<<
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

「ハダカメラ」1巻1話感想まとめ

ハダカメラ1巻

 

このカメラで好きな子を撮ると、その子の裸を「現像」できる。

 

夢のようなカメラです!

 

偶然手にした「ハダカメラ」で、大好きなひかりの裸を目にしてしまった鏡介。

 

写真ではない、リアルな感触に興奮を抑えきれない鏡介ですが、

 

目の前の裸はひかり本人ではなく、バイトの先輩・ぼたんのもの。

 

しかもぼたんは、明らかに鏡介に好意を持っています。

 

目の前でふるえるお●ぱいに、理性のタガが外れそうな鏡介ですが、果たして欲望を抑えきれるのか?

 

そしてファインダー越しに見えた「3%」の文字の意味は?

 

そして鏡介とぼたん、それぞれの想いの行方は・・・?

 

1話目にして、いきなり気になる展開だらけです!

 

絵も綺麗だし、さすがワコウ先生♪

 

期待通りの作品でした!

 

2話目も冒頭からいきなりエッチな展開です。

 

ご期待ください!!

 

私はここで読みました
>>Handyコミック<<
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

-ハダカメラ, ハダカメラ1巻
-

Copyright© ハダカメラネタバレblog , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.