ちょっとエッチな漫画「ハダカメラ」ネタバレ紹介しています

ハダカメラネタバレblog

ハダカメラ ハダカメラ1巻

ハダカメラ1巻ネタバレ!【好きな子のハダカが目の前に!】

更新日:

ハダカメラ1巻ネタバレ!【好きな子のハダカが目の前に!】
ハダカメラ1巻

 

こんにちは^^

 

もし目の前に、好きな娘のハダカがあったら?

 

そんな男の願望を叶えてくれる「ハダカメラ」。

 

それを手にしてしまった童貞男子のあれこれを描く、かなりエッチな漫画です。

 

本名ワコウ「ハダカメラ」

 

主人公は、19歳の童貞男子。

 

骨董品店で買ったカメラで好きな子を撮影したら、その子のハダカが目の前に・・・!?

 

男子の願望を叶える、不思議なカメラの正体とは?

 

1巻からエッチなシーン満載ですっ!

 

私はここで読みました
>>Handyコミック<<
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

「ハダカメラ」1巻あらすじ

 

主人公・香神鏡介(かがみきょうすけ)は、19歳の予備校生。

 

彼には高校の頃から、光城閃(ひかり)という女の子に片思いしていました。

 

同じ大学に通いたいと、閃と同じ学校を受験しますが、鏡介だけが不合格。

 

予備校に通いながら、ひかりが通う大学の近くの喫茶店でバイトをする鏡介ですが、口の悪い友人に「童貞野郎」と罵られるばかり。

 

そんな中、近所の骨董屋で、最近ひかりも好きだというカメラを買った鏡介。

 

好きな女の子の趣味に合わせて買ったこのカメラ、実は、世にも不思議な「ハダカメラ」だったのです・・・・。

 

私はここで読みました
>>Handyコミック<<
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

「ハダカメラ」1巻ネタバレ!

ハダカメラ1巻

 

童貞の予備校生

 

主人公の鏡介は、19歳。

 

大学受験に失敗し、予備校に通いながら、喫茶店でバイトをしています。

 

そんな彼が高校時代から想いを寄せる、光城ひかり。

 

「童貞野郎」と彼を罵る友人から、鏡介をかばってくれる、優しくて綺麗な女の子です。

 

ひかりと同じ大学に通いたくて、必死に受験勉強をした鏡介ですが、あえなく不合格。

 

だけど少しでもひかりの近くにいたくて、大学に近い喫茶店でバイトをしていたのです。

 

そんな彼が、「新しくカメラを買った」というひかりに合わせるため、近所の骨董屋で買ったカメラ。

 

しかしそのカメラを、口の悪い友人・立原に奪われてしまいます。

 

だからダメなんだ

 

「なんだぁ?このオンボロ」

 

「シャッター下りねえし、こんなポンコツどこで買ったんだよ?」

 

近所で見つけた骨董屋で・・・と言いかけた鏡介を、笑いながら店の隅に連れて行く立原。

 

「光城と同じ大学目指して落ちて、未練たらしくその近所で惨めにバイトって・・・」

 

「必死すぎんだろ」

 

鏡介にカメラを投げ返し、続ける立原。

 

「ズレてるし回りくでえ、写真のおっぱい眺めてるだけのドーテーだから、ダメなんだ、おめーは」

 

そのまま友人たちと一緒に、店を出る立原。

 

しかし、返す言葉もなく俯く鏡介に、ひかりが近づいてきます。

 

「ごめんね、香神くん・・・あんな人つれてきちゃって・・・」

 

お詫びに、そのカメラで自分をとってほしいと笑うひかり。

 

優しい言葉に、鏡介も笑顔でカメラを構えます。

 

しかし、ファインダー越しに笑うひかりの近くに「3%」の文字。

 

(3%って、なんだ・・・?)

 

不思議に思う鏡介ですが、そのまま勢いよくシャッターを切ります。

 

ハダカを現像!?

 

カシャ!

 

シャッターを切った途端、驚いたような顔をしたひかり。

 

彼女はそのままボーッとしてしまい、言葉もなく、店を出て行ってしまいます。

 

その後、休憩室で、さっき撮った写真を眺める鏡介。

 

しかしその写真は、ただの白紙。

 

「うーん・・・」

 

悩む鏡介の元に、バイトの先輩・押切ぼたんが駆け込んできます。

 

「入り口にお塩巻いてきたっ!」

 

「もー、アッタマくる!」

 

さっきの立原の態度に、心底腹を立てていたぼたん。

 

予備校生といえど、今もきちんと大学を目指している鏡介を笑っていいはずなんてないと、怒り狂っていたのです。

 

そんなぼたんに、自分のひかりへの想いを語る鏡介。

 

そんな彼を元気付けようと、ぼたんは、彼が持っていた写真に手を伸ばします。

 

「撮った子は感じよかったよね!もしかして、好きなの?」

 

「関係ないでしょ・・・」

 

そのまま写真を引っ張りあう2人。

 

その時、カメラのレンズがキラリと光り、写真に「げんぞうちゅう」の文字が!

 

驚く鏡介ですが、次の瞬間、

 

「あああああ!」

 

目の前のぼたんに、全裸のひかりが「現像」されるのです・・・!

 

私はここで読みました
>>Handyコミック<<
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

「ハダカメラ」1巻感想まとめ

ハダカメラ1巻

 

好きな子をカメラで撮ると、他の誰かにその子のハダカを「現像」できる。

 

夢のようなカメラです!

 

偶然、このカメラを手にしたことで、大好きなひかりの生のヌードを見てしまった鏡介。

 

生々しい感触に、彼の理性は暴走寸前!

 

だけど「現像」した相手は、バイト先の先輩。

 

しかもこのぼたんちゃん。明らかに鏡介のことが好きなんです。

 

こう言う相手に、他の子のハダカを現像して、いろいろしちゃうのはマズイですよね・・・。

 

そしてひかりの横に見えた「3%」の文字の意味。

 

この数字が、鏡介を激しく動揺させることになります。

 

1巻だし、そんなに秘密は明かされないかな〜と思ったんですが、とんでもない!

 

スピード感あふれる展開に、目が離せません!

 

ひかりのハダカを「現像」したぼたんと、鏡介はやっぱりヤッちゃうの?

 

彼は果たして、男の本能に逆らえるのか!?

 

女の子の体の肉感的な描写も素晴らしい、ドキドキの作品です!

 

私はここで読みました
>>Handyコミック<<
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

-ハダカメラ, ハダカメラ1巻
-

Copyright© ハダカメラネタバレblog , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.